「亡国」から帰りました

過去半世紀という時の積み重ねにはそれなりの感慨がありますが、演劇というたえず変化する「いま」という時の中にだけしか存在しない表現にたずさわるひとりとして、むしろ次の半世紀への思いをいまさらのように切実に感じないではいられ…